医院ブログ

歯磨きのあとに塗って使う予防習慣

こんにちは。上大岡のしもかわです。だいぶ寒くなってきましたが、風邪などひいていませんか?

 歯科医院は治療の場ではなくエナメルケア、歯周病予防としての場という認識がだいぶもたれてきました。全体的に歯科治療が終わり、もう虫歯になりたくないと思っている方、いま虫歯はないけどこれからが不安、磨いても磨いても虫歯によくなっちゃう。という方は定期検診にいらっしゃるときに、「医院での清掃はたまにだから普段が不安です・・・」と心配されている方が多いですね。

 ブラッシング指導や食餌指導、専門的清掃の他にも、さらに予防効果のあるものを患者さんが求めていることを実感しております。さまざまな効果を期待できる歯磨剤の使用や清掃補助器具(歯間ブラシ、デンタルフロス等)を使用していただいたうえで、さらに一歩先のセルフケアに期待がもたれているでしょう。

 「歯磨きの後に塗って使う予防習慣」

虫歯予防に加え、冷たいものなどがしみる知覚過敏の緩和(ホワイトニングによるものも含む)、歯の根っこが露出してきているかた(根の露出は知覚過敏や虫歯になりやすい)、大人の歯が生えてきて清掃の難しい時期、唾液の量が少ない口腔乾燥症や口呼吸のかた、矯正中、などにとても有効なセルフケアのご紹介をします。

 MIペースト

201311040101下川

カルシウムとリンを高濃度で口腔内に供給できる。

リカルデント(CPP-ACP)配合

①再石灰化促進効果(歯のミネラルを補給)

②脱灰抑制効果(酸によりエナメル質が溶けだすのを抑制)

③酸緩衝能(酸性になった状態を中和し、酸性になりにくい状態に維持する)

 既にお使いの方も多いと思いますが、虫歯になろうとしている初期段階での回避にも期待がもたれています。

私自身、知覚過敏に悩まされ、寝る前に該当部位に1週間ほど塗布し経過をみていたところ、知覚過敏の症状がなくなり、効果を実感しております。塗布していないと再発することがありますので数か月してまたしみてきたら塗布するという具合で使用しております。

しみるのを改善するのに使用する場合には、虫歯治療、咬合診査、ブラッシング指導、食餌指導を歯科医院で受けたうえで利用されることが望ましいです。

このペーストには防腐剤パラベンが入っています。リカルデント(CPP-ACP)は牛乳タンパク由来のため、牛乳アレルギーのかたには勧められません。

{使用法}

フッ素入り歯みがき粉を使用してブラッシングした後、ペーストを綿棒や歯ブラシに適量とって歯に塗布し、その後極力うがいを控えて長く歯表面にとどまるようにする。

2013110402下川

2013110403下川

また、MIペーストプラスというものもあり、フッ素が配合されています。

 2013110404下川

フッ素の存在があってこそ、効果を増強できるため、普通のMIペーストを使用される場合は塗布前にフッ素配合歯磨剤でのブラッシングやフッ素ジェルの塗布をすると大変効果的です。

2013110405下川

 

 

 

 

医院のご案内

  1. アルカディア歯科分院
  2. 二俣川アルカディア歯科・矯正歯科
  3. 茅ヶ崎アルカディア歯科・矯正歯科
  4. 大倉山アルカディア歯科・矯正歯科
  5. 上大岡アルカディア歯科・矯正歯科
  6. アルカディアインプラントセンター
  • アルカディアブログ
  • FAQ
  • 研修・研究会
  • コラム
  • リンク

アルカディアインプラントセンター