義歯

義歯menu

  • 義歯
  • 総義歯創りの一般的手順
  • 義歯の種類(部分入れ歯)
  • 義歯の種類(総義歯他)

鵠沼アルカディア歯科の義歯専門外来

入れ歯でも噛めることは、老後の身体、精神、大脳機能等の健康保持、増進には欠かせない重要要素です。噛めない入れ歯を無理に使用している方、歯が無いないのに入れ歯を使用していない方に、認知症・寝たきりの方がとても多い事が知られています。
噛める事、食事を楽しめる事は、健康と快適な生活には欠かせません。


鵠沼アルカディア歯科の義歯専門外来では、取り外し式の入れ歯、つまり通常の総義歯、局部義歯(部分的な歯のない方)、インプラント義歯(インプラントで維持された取り外しの入れ歯)等による欠損補綴(歯が無くなった場合、そこを元に戻す治療の事)を自費で専門に手掛けています。
藤沢市内はもちろん神奈川県内外問わず、たくさんの患者さまの相談を受付けています。
勿論、鵠沼アルカディア歯科では保険の義歯製作も行っています。
ただし保険義歯の担当は一般外来の担当医になります。ご了承くださいませ。

義歯専門外来担当医 アルカディア歯科 総院長 角田 達治

義歯専門外来では、自費義歯の35年の経験と長年の研鑽と圧倒的な症例数、高度なレベルの院内技工室や大学病院並みのインプラント手術、インプラント義歯治療の最新設備機器を完備し、義歯で最高度の満足の出来うる様々な義歯(入れ歯)製作をしています。
さらに自費の高度な技工製作専門の院内技工室には、義歯専門技工士1名、セラミック・審美技工担当専門技工士1名、インプラント技工専門技工士、合計3名でレベルの高い歯科技工物の製作を行っています。

患者様のご希望(入れ歯の形態、歯の色、形、排列など)やご意見を技工士が直接拝聴できるよう、院内に技工所を配置し、患者様の満足のゆくレベルの高い技工物の製作を心がけています。

インプラント義歯、クラスプ金属床義歯(歯に金属でかける通常の入れ歯)、欧米では当たり前の審美的で噛めるコーヌス義歯、アタッチメント義歯など、審美性と機能性(良く噛めること)を兼ね備えています。
神奈川県内でもこれらの種類を幅広く取り扱う歯科は多くありません。
健康保険での入れ歯(義歯)作りも行っています。保険の入れ歯は高齢者専門外来や一般歯科で承っています。 まずは藤沢市鵠沼アルカディア歯科にご相談ください。

総義歯専門医制度の必要性


義歯、その中でも特に総義歯(総入れ歯)は歯科医療の広い分野の中でも最高難度の分野で、咬合力(噛む力)の支えが粘膜組織、筋組織という特異な状況下にあります。
私も40年近く歯科医師をしていますがやはり総義歯ほど難しいものはありません。
一般的歯科治療では、通常に歯肉、歯槽骨、歯があり、さらに骨に直接固定された歯というほとんど動かない支えがあり、被せたり、つめたり、クラウン・ブリッジ等の治療の様に周囲の歯に似せて作ればそれで十分に噛めますが、総義歯の治療条件は全く異なります。

機能的にも審美的にも再構築が必要

通常の歯の治療は歯の形態、噛み合わせ、色、位置等は今ある歯をまねればできますが、総義歯の患者様の歯肉、歯の位置、形態、色、顎骨の上の部分は全てが失われています。
過去にあったこれらの部分を患者様の以前にあった同じ状態にオーダーメイドで再構成する必要があります。これは無から有を、機能的にも審美的にも再構築する事なのでとても困難な事なのです。


また総義歯では上下とも粘膜上にあり、その上に置かれていて骨に固定されている訳ではありませんし、最大で最低2mmも上下に動く状況下で噛めて、安定し、見た目も良い、自然観(審美性)のある審美性をも求められます。
さらには噛める様になるには入れ歯がお口の中の複雑に動く多数の筋肉運動を妨げない形態でさらにお口の中で上下吸着して安定するように作らなければなりません。
これには一般的な歯科治療とは全く異なる専門的な知識と、豊富な経験、研鑽、努力、発想が特に必要です。
日本で専門分野化されている歯科医療では口腔外科や歯列矯正、小児歯科がありますが、総義歯もとても難しい分野の一つで、総義歯専門医制度が絶対必要と言えるのです。

インプラントを28年間で神奈川県でも屈指の症例をこなしてきましたが、インプラントより総義歯造りの方が遥かに難しく、総義歯ほど困難なものはありません。
いくら診査診断しても、総義歯製作には不確定要素が多分に存在するので、こちらが理論的に十分考察して完成した義歯でも、即患者さんがこれで良いと受け入れてくれるわけではなく、患者様固有の感覚、感性、機能運動の把握はかなり困難なことで、それに合致した総義歯製作はとっても困難なのです。

だから多くの歯科医院訪ねても噛めない、外れる、見た目も悪いという事で何軒も何十軒も歯科医院を回ってもうまくいかない、できないと色々お困りの方が総義歯に圧倒的に多いのは、その総義歯造りの難しさを有意に物語っています。


現在インプラントが発達して、総義歯はオールオン4やインプラント維持されたインプラント義歯が行われ、とりあえず固定できます。
総義歯の難症例はインプラントのおかげで十分な機能回復が可能になりました。
ですが、以下の様な患者さまにとって義歯はまだまだ必要なのです。

・最初からインプラントを希望しない患者さま。
・インプラントが経済的、年齢的、健康的理由で、できない患者さま。
・多くの難症例総義歯がとりあえずインプラントを用いた治療でよく噛めるようになっています。
 しかしそのインプラントの寿命が尽きた時のその後の処置の多くは、年齢的にも、
 あごの骨の状態からもインプラントの出来ない通常の総義歯症例となるケースがほとんどだと
 思います。
・今後加速する高齢化社会の事もあり、本当の総義歯難症例の氾濫の時代が今後おとずれることは
 明らかです。
・最近のインプラントに対するトラブル、不信感で入れ歯の希望者が増えている事実もあります。

日本の歯科保険診療での総義歯造りの現状

オーダーメイドの総義歯製作
患者様の噛めない入れ歯の95%は咬合位(噛み合わせ)が間違っている為に以下の様な症状が出ます。

総義歯作りは失われた歯、歯肉、顎堤を元の状態に正確に戻すことが出来れば一番具合のいい義歯が出来るはずです。
ですが元の状態に正確に戻すことは大変難しく困難を伴います。
さらに機能や審美を患者様固有の状態に再現する必要もあります。
つまり総義歯作りはオーダーメイドの人工臓器の製作といっても過言ではありません。
総義歯は作ってみなければ判らない面が多くあり、知識半分、経験半分の職人芸と言っても差し支えないのです。

当医院の総義歯造り

よく噛めるとは、適合が良くフィットして、噛んでも外れない、違和感が少ない、噛み合わせが良い、患者さまの個性的な噛み癖に合って快適に噛めるという事です。
当医院の総義歯造りは、通常のケースでは型取りから始めますが、特に難症例では、まずは治療用義歯を作り、その具合や患者様の反応を診てから最終義歯の製作をするのが基本です。
だからフィット感バッグン、噛み合わせが良い入れ歯ができます。

なぜなら手を抜かない、とことん納得の行くまで治療を行う。院内に経験豊富でレベルの高い技工のできる義歯専門技工士を抱えることが、それを可能にしています。
義歯経験35年と豊富な経験、長い勉強、研鑽、外国留学を経て今があります。
常に妥協しない義歯創りをしています。

治療メニュー

一般/小児歯科

インプラント

歯周病

義歯(入れ歯)

美容歯科

矯正専門外来

ティースエステ

予防歯科

歯科麻酔

オールオンフォー

医院のご案内

  1. アルカディア歯科分院
  2. 二俣川アルカディア歯科・矯正歯科
  3. 茅ヶ崎アルカディア歯科・矯正歯科
  4. 大倉山アルカディア歯科・矯正歯科
  5. 上大岡アルカディア歯科・矯正歯科
  6. アルカディアインプラントセンター
  • アルカディアブログ
  • FAQ
  • 研修・研究会
  • コラム
  • リンク

アルカディアインプラントセンター