義歯

義歯menu

  • 義歯
  • 総義歯創りの一般的手順
  • 義歯の種類(部分入れ歯)
  • 義歯の種類(総義歯他)

義歯の種類(部分入れ歯)

自費と保険との区別は、金属や金、白金を使用したから自費と言う訳ではありません。
あくまでも機能、審美が明らかに違う、良いと言う事の差なのです。
厚生労働省で保険はプラスチック、自費は金属床と決められていますが、歯科医師は材料屋(貴金属商)ではありません。あくまでも食べられる義歯を作る高い技術に価値があると言う事です。

入れ歯は自分の歯がある場合には局部床義歯(部分)、全く歯が無い場合には総義歯の2つに大きく分類されます。

自費のクラスプ義歯は大部分が金属で出来ているので金属床義歯とも言われています。
金属で薄く丈夫で、熱も良く通し、違和感、異物感や義歯の破損がほとんどなくなり快適です。特に金属にチタン合金を使用したものは、軽く、とても薄く、快適でお薦めです。

アタッチメント義歯(自由診療のみ)

クラスプが外に見えないように、アタッチメントと呼ばれる維持装置を使用した審美義歯の一つです。
フィット感が良く、壊れにくく、噛みやすく、入れ歯を入れていることが判らない審美義歯の中では最高峰の義歯です。(自由診療のみ)

料金の目安 1装置(片顎)で60万円~

コーヌス義歯(自由診療のみ)

コーヌス義歯は、審美義歯の一種で、残った歯が5本以下の少ない場合に使うとよいです。
残った歯には内冠と外冠を作り、つまり歯に2重に被せ物を作り、一つは歯にセメンティングして付け、もう一つの外冠は入れ歯に付け、金属のひっかけが白い金属冠になった入れ歯がコーヌス義歯と呼ばれるものです。
故に金属が見えない、維持力が強いと言った利点があります。

金額の目安:片顎45万円~ 残っている残存歯の数により全体の治療に必要な価格は変わります。
詳しくは担当医と相談して下さい。

バルプラスト義歯(自由診療のみ)

ナチュラルデンチャーやノンクラスプデンチャーと呼ばれており、通常は歯に掛ける部分は金属で出来ていますが、その金属がピンクの弾力のあるプラスチックで出来ています。ですから入れ歯だと判りません。
ですが、この義歯はお出かけ義歯(人前で話す場合にいれる)で、食事の時には入れ替えて通常のクラスプ(金属製)義歯で食べて頂くものですのであまりお勧めではありません。
(あまりこの事を説明しない歯科医院が多い様です)
破損した場合は一回3,000円で何度でも新規作成できます。

料金:一装置(片顎)18万円~24万円

治療メニュー

一般/小児歯科

インプラント

歯周病

義歯(入れ歯)

美容歯科

矯正専門外来

ティースエステ

予防歯科

歯科麻酔

オールオンフォー

医院のご案内

  1. アルカディア歯科分院
  2. 二俣川アルカディア歯科・矯正歯科
  3. 茅ヶ崎アルカディア歯科・矯正歯科
  4. 大倉山アルカディア歯科・矯正歯科
  5. 上大岡アルカディア歯科・矯正歯科
  6. アルカディアインプラントセンター
  • アルカディアブログ
  • FAQ
  • 研修・研究会
  • コラム
  • リンク

アルカディアインプラントセンター