インプラント

インプラントmenu

  • インプラント
  • メリット
  • 料金
  • インプラント
  • 寿命
  • 治療実績
  • 治療の流れ
  • 基礎知識1
  • 臨床例
  • OAMインプラントシステム
  • メンテナンス
  • 基礎知識2
  • Q&A

インプラントの寿命

インプラントを長期間(10年~20年)健康に保つためにはいくつもの条件があります。
アルカディア歯科ではインプラントの寿命を確実にする(延ばす)治療を心がけています。

インプラントを長期間(10年~20年)健康に保つ条件

確実なインプラントのオステオインテグレーションの確立と維持

インプラント(歯根)が顎の骨と直接結合することをオステオインテグレーションといいます。
確実にオステオインテグレーションが確立するには、滅菌のオペ室で、低侵襲の高度なオペ技術が必要です。
またインプラント埋入手術後数ヶ月間はインプラントに負荷をかけないで安静を保つことが重要です。

即時加重やワンデイインプラントを行う場合には、手術条件を厳格に守る必要があります。
日本人の場合、下顎無歯顎の場合の4本ないし6本のアーチ型スプリント埋入できる部位ではOKですが、特に上顎の多くのケースで条件を満たさない場合が多いので無理は厳禁です。

オステオインテグレーションを長期に維持するには

インプラント埋入手術において

インプラント埋入手術において

インプラント埋入手術時には、埋入する予定の骨の高さ、幅が充分である必要があります。
充分ではない場合には確実な骨造成法を行わなくてはなりません。 インプラント周囲には最低1mm~1.5mmの骨幅がないと数年でインプラントの脱離や露出が起こります。
また、適切な長さ、太さ、形態のインプラントを採用することも大切です。
もちろん歯科医師の高い技術も重要です。
インプラント埋入手術が迅速で的確なこと(低侵襲手術)も、インプラントの寿命に大きく影響いたします。

インプラントメーカーのレベルも大きく関係します。
やはり世界のトップレベルのメーカー製品は安心です。
安いインプラントは壊れやすく、インプラントの金属にチタンでない不純物が混じり、アレルギーを起こす、MRIが撮影できない、オステオインテグレーションの達成がいい加減等のトラブルが多発するリスクが高い。

インプラント周囲の付着歯肉

付着歯肉は歯茎の健康を保つには欠かせない歯周組織の構造です。インプラント周囲の歯肉には付着歯肉が確実に存在しなくてはなりません。
自然の歯は歯肉と骨とが強固に結合していますが、(金属製である)インプラントは歯茎とは結合できません。しかしインプラントの周囲にある付着歯肉がバリヤーとなり、インプラントの表面との隙間を圧迫して細菌や歯垢の侵入を防いでくれます。
誰でも付着歯肉はありますが、年齢や歯ブラシの使い方やかみ合わせなどの原因により、場所によっては消失してしまいます。そうなると、他の場所から移植という難しい手術が必要で、よほど歯周外科に慣れた歯科医でないとできません。

付着歯肉はインプラントの健康保持に極めて大切です

患者様からすれば歯茎の移植は、他の歯科医院では全く聞かない話なので、とても驚く方も多いものと思います。
しかし的確で長持ちするインプラント治療を行うには、患者様の望まない処置も説明、おすすめする必要があります。
する、しないは患者様が決める事です。 しないリスク、する利益を良く考えてくださいね。

インプラント上部構造(クラウン)に与える咬合

上部構造

患者様の噛み合わせは、個人個人違います。そのためプラスチックの仮歯を入れて、噛み合わせが患者様の癖に合うかを充分に確認してから、最終的な噛み合わせの決定をしなくてはなりません。
インプラント治療の本数が多いほど慎重にする必要があります。
インプラントを長く健康に保つには、インプラント以外の歯の状態(歯の噛み合わせ、バランス、歯の健康度、補綴物の状態、根の健康度、歯周病の状態)も大きく関係するため、インプラント外科だけではなく、一般歯科の補綴(被せ物)をつくる長い経験と技術、および専門知識が必要です。

その他の要因

奥歯も前歯も全部固定でそろっている事がとても重要な条件です。

人間の歯は前歯が奥歯を保護し、奥歯が前歯を保護しています。 このことを相互保護作用と呼んでいます。 ですから基本的に前歯と左右上下の奥歯がすべてそろっていることがインプラントや残りの自分の歯が長期にわたり健康を保つための大切な条件なのです。

片方の大臼歯が2本失われ、反対側の歯でばかり噛んでいると、自分の歯でさえも早く悪くなることはよく知られています。インプラントは天然歯よりも弱いので両側4本の大臼歯が失われた場合に片方だけインプラントを入れて、もう片方は予算やその他の都合で保険の入れ歯等で直した場合には、インプラントの方でばかり噛むことになり、インプラントの負担過重になり、破折するリスクがとても高くなります。なので、できれば、左右両方の奥歯をインプラントで直すことをお勧めいたします。
治療後のケアーを励行することもとても大切です。当院では、3ヵ月に一回の予防処置(プロフェッショナルケア―)を推奨しています。

治療メニュー

一般/小児歯科

インプラント

歯周病

義歯(入れ歯)

美容歯科

矯正専門外来

ティースエステ

予防歯科

歯科麻酔

オールオンフォー

医院のご案内

  1. アルカディア歯科分院
  2. 二俣川アルカディア歯科・矯正歯科
  3. 茅ヶ崎アルカディア歯科・矯正歯科
  4. 大倉山アルカディア歯科・矯正歯科
  5. 上大岡アルカディア歯科・矯正歯科
  6. アルカディアインプラントセンター
  • アルカディアブログ
  • FAQ
  • 研修・研究会
  • コラム
  • リンク

アルカディアインプラントセンター