インプラント

インプラントmenu

  • インプラント
  • メリット
  • 料金
  • インプラント
  • 寿命
  • 治療実績
  • 治療の流れ
  • 基礎知識1
  • 臨床例
  • OAMインプラントシステム
  • メンテナンス
  • 基礎知識2
  • Q&A

インプラント手術までの流れ

年間250症例、24年間の治療実績

カウンセリング

カウンセリング

患者様のインプラント希望部位をヒヤリングし、インプラント治療に関する説明を行います。

問診、診査、診断

問診、診査、診断

口腔内の顎の骨の状態や歯肉の状態を診査します。
他に、お口の中の虫歯、歯周病、歯の欠損状態、噛み合わせ等の診査から、全身の健康状態の問診、診査を行います。
レントゲン撮影、歯の模型の型どりを行います。
また最重要診査として、歯科用CTスキャン(写真)による顎の3次元画像による診断、解析があります。
最新のデジタルCTスキャンの導入により、右の写真のような高精度の画像が得られるため、安全で確実な手術を可能にします。

ステント模型の印象製作と口腔内の写真撮影

インプラントを植立する前に、最終のでき上がりの歯の形態、大きさ、位置、全体的なバランスを想定した入れ歯を作ります。
インプラントを植立するべき歯の中央を最適植立位置、方向として決めます。

CTスキャン撮影(ステント装着)

透明なプラスチックの模型に表現したステント(入れ歯)を作り、装着した状態でCTスキャン撮影を行います。

ステントを使用し、インプラントを入れるべき位置の骨の幅や高さを正確に診断

ステントとは、これからインプラントを入れる歯のない場所に、インプラント治療後の最終的な被せ物を患者様の個性に合った理想的な歯の形態、大きさ、歯の位置を上下の模型上で再現して、インプラントを入れるべき理想的な歯の位置をあらかじめ模型上で技工士が透明なプラスチックで作り、そしてプラスチックで出来た歯の中央にアルミニウム製のチューブを入れた入れ歯様のものをステントといいます。

そのステント(理想的インプラント位置を示す入れ歯)を口腔内に入れてCT撮影をします。
そうする事によりインプラントを入れるべき位置の骨の幅、高さ等を正確に診断ができ、より適切なインプラントの長さ、太さ、あるいはGBR等の骨造成術の必要性の把握が可能になりますし、また適切なインプラント位置に入れることにより最後の歯の幅や高さが最初に模型上で作った理想的な形態、位置になるのでより審美的にするが可能になります。
単にCTだけの撮影では、その診断価値は半分と言わざるをえません。

ステントを製作しないでCT撮影をすると、インプラントの長さや太さ、その他骨の造成術が必要か否かなど正確に判断できません。
そのため、インプラントを適当に入れることになり危険なうえ、インプラントの寿命にも大きく影響します。
顎の正確な診断をするために、インプラント治療にはステントが欠かせません。インプラントが1本の場合をのぞき、原則ステントは必要です。

CT画像の分析、最終的診断

コンセプト

ステントを入れて撮影したCT画像をもとに、ステントで示された位置の真下の骨の幅、高さ、硬さ、神経血管の位置を確認し、計測して最適なインプラントの種類、サイズ、その他の手術GBR(骨造成)の必要性の有無や処置を決定し、最終金額のお見積もりを行います。
インプラント治療と費用のご説明をいたします。
もちろん、いくつかの治療の料金の選択肢を提示します。
ご了承いただいた場合は、インプラント治療の契約を行います。

インプラント手術をする前には、感染のリスクを最小限に抑えるために歯周病や虫歯の治療をある程度のレベルまでは行っておく必要があります。

オペ代金のご入金、インプラント埋入手術の予約

インプラント埋入手術のご予約を行います。手術料金のご入金をお願いたしています。

オペ代金のご入金、インプラント埋入手術の予約

オペ代金のご入金、インプラント埋入手術の予約

必要に応じて骨造成手術

埋入手術にあたり骨造成が必要と診断された場合は、骨造成手術を行います。

インプラント埋入手術

詳しくはOAM式インプラント手術法の流れをご覧ください。

埋入手術後

抜糸、経過観察治療期間

抜糸

抜糸
手術の1週間後に抜糸をします。

経過観察
2週間後に経過観察を行います。念のためレントゲン検査をいたします。

アバットメント装着、印象、噛み合わせ採得

インプラントを入れる手術後インプラントが顎の骨と結合するまでに、通常は下顎なら2ヶ月~3ヶ月、上顎なら4ヶ月~5ヶ月の治癒期間が必要です。
治癒後、アバットメント装着(歯茎の上の歯冠を支える部分)、印象、噛み合わせ採得を行います。

2次手術(2回法の場合のみ)

2回法インプラントの使用した場合にはインプラント装着までにもう1回簡単な2次手術と呼ばれる手術が必要です。

歯冠の装着

歯冠を装着

上部構造の装着

歯冠を装着したところ

製作した最終上部構造(歯冠)を装着します。
かみ合わせの調整を行います。

多数のインプラントを入れた方は

多数のインプラントを入れた方は

インプラントに仮歯を入れて数ヶ月間、審美性や噛みあわせの調整や患者様の希望を取り入れ調整して修正し、経過観察後、問題なく患者様が快適に噛める事や見た目その他を確認後、そのかみ合わせ位置や形態を最終的な被せ物に置き換えて完了となります。
最後にレントゲンで確認してインプラント治療は終了します。

メンテナンスに移行

さらに少しの間は経過観察、咬合調整を行います。
その後、3ヶ月毎のメンテナンス(予防治療)に移行します。
メンテナンスについては、こちらのページで詳しくご説明いたします。

治療メニュー

一般/小児歯科

インプラント

歯周病

義歯(入れ歯)

美容歯科

矯正専門外来

ティースエステ

予防歯科

歯科麻酔

オールオンフォー

医院のご案内

  1. アルカディア歯科分院
  2. 二俣川アルカディア歯科・矯正歯科
  3. 茅ヶ崎アルカディア歯科・矯正歯科
  4. 大倉山アルカディア歯科・矯正歯科
  5. 上大岡アルカディア歯科・矯正歯科
  6. アルカディアインプラントセンター
  • アルカディアブログ
  • FAQ
  • 研修・研究会
  • コラム
  • リンク

アルカディアインプラントセンター