インプラント

インプラントmenu

  • インプラント
  • メリット
  • 料金
  • インプラント
  • 寿命
  • 治療実績
  • 治療の流れ
  • 基礎知識1
  • 臨床例
  • OAMインプラントシステム
  • メンテナンス
  • 基礎知識2
  • Q&A

インプラントの基礎知識1

インプラントの構造、材料

インプラントの構造、材料

インプラントは骨の中に植立されるインプラント体(人工歯根)と、歯肉の上の部分の上部構造とよばれる2つの物からできています。
さらに上部構造はアバットメントとよばれる人工の歯を支える支台の部分と、セメントで付けられる歯冠とよばれる部分からなります。

金属チタンがインプラントに使用されてから、非常に高い成功率と安全性が獲得されるようになりました。
チタンは比重が軽く弾性係数が低いので、より骨に近い金属材料です。
インプラントの材料としてはチタンが最も安全、確実、丈夫です。 きちんとした一流メーカー製品なら問題はありません。

チタンは金やプラチナよりもアレルギー反応を起こしにくく、安全な材質ですが、数百万人に一人位の割合でチタンにもアレルギー反応を起こす方がいます。心配な方は皮膚科でお調べすることをお勧めします。

インプラント製品

インプラント製品

インプラント製品は世界で100社を超えるメーカーが製造しています。
メーカーの歴史や研究機関のレベル、値段は千差万別で、なかには極めて問題のある製品もあります。
人工臓器としての安全性、確実性を考え、安いインプラント製品は使用していません。 世界的に一流の権威と実績のある普及したインプラントシステム製品を採用しています。

オステオインテグレーション(オッセオインテグレーション)インプラント

オステオインテグレーションとは

付着歯肉はインプラントの健康保持に極めて大切です

オステオインテグレーションとは、インプラントの埋入手術時に、インプラント体と顎の骨が軟組織を介さないで直接結合することをいいます。
顎の骨に直接チタン製の金属の人工の歯を植え込み、その後、インプラント体と顎の骨がオステオインテグレーションして固定されます。
その後、歯茎から上の歯冠(被せ物をはめて作る固定性の人工の歯)をかぶせることで、自分の歯とほとんど変わらない感覚で使用できるのです。
インプラントは今や第二の永久歯と呼ばれるぐらい安心、安全、確実になりました。
オステオインテグレーションが確実に確立され、かつ維持する事が、インプラントの寿命を飛躍的に伸ばし、今日のインプラントの普及につながった最も重要な要件なのです。

オステオインテグレーションの確立を完全に達成されるために

オステオインテグレーションが確実に確立されることは、インプラントの寿命を延ばすための最重要要件です。
そのために必要なこととして次のようなものがあります。

ブリッジ

以上のように、オステオインテグレーションが確実に確立され、かつそれが長期に維持されるには、エビデンス(学問的に正しいと証明された臨床上の守るべき鉄則)を守る治療を行う事が大切です。 患者様の希望を取り入れることも重要ですが、患者様希望本位(営業本位)になり、抜歯後インプラントが直ぐ入る、インプラント手術後直ぐに歯が入る、入れ歯をインプラントにかけても構わない、骨が薄くても骨造成術をしなくても大丈夫等、素人の患者様の意向のみに合わせた治療は非常にリスクが高くなり術後インプラントに不具合が起こる危険が高くなるのです。

患者様にとってもその場限りの利益で、術後早期にトラブルになり、インプラントの脱離、露出、化膿等のトラブルに巻き込まれるだけです。 やはり営業本位でなく患者様本位の治療(長く持つインプラント治療)を行う事が重要です。 インプラント専門医として、歯科医師としての倫理観やモラルの欠如があってはいけません。

治療メニュー

一般/小児歯科

インプラント

歯周病

義歯(入れ歯)

美容歯科

矯正専門外来

ティースエステ

予防歯科

歯科麻酔

オールオンフォー

医院のご案内

  1. アルカディア歯科分院
  2. 二俣川アルカディア歯科・矯正歯科
  3. 茅ヶ崎アルカディア歯科・矯正歯科
  4. 大倉山アルカディア歯科・矯正歯科
  5. 上大岡アルカディア歯科・矯正歯科
  6. アルカディアインプラントセンター
  • アルカディアブログ
  • FAQ
  • 研修・研究会
  • コラム
  • リンク

アルカディアインプラントセンター