インプラント

インプラントmenu

  • インプラント
  • メリット
  • 料金
  • インプラント
  • 寿命
  • 治療実績
  • 治療の流れ
  • 基礎知識1
  • 臨床例
  • OAMインプラントシステム
  • メンテナンス
  • 基礎知識2
  • Q&A

インプラントの基礎知識1

インプラントの構造、材料

インプラントの埋入手術の際には、CT診査を行い、骨の状態をチェックします。
骨の状態が良ければそのまま穴を開けてインプラントを埋入しますが、骨の状態があまり良くない場合(骨が薄い、高さが無い等)にはインプラントが十分に長く持つように骨を増やす骨造成手術を行う必要があります。
正確に診断しない、またGBR等が必要なのに薄い骨に無理にインプラントを入れると、インプラントは数年で脱落や露出する危険が非常に高くなります。

インプラントの基礎知識1

GBR(骨造成法)Guided Bone Regeneration

付着歯肉はインプラントの健康保持に極めて大切です

インプラントの埋入に充分な骨の幅や高さがない場合には、GBRとよばれる骨の幅を広げたり、高さを高くしたりする手術が必要になります。

インプラントの寿命を長く保つには、適正な長さ、太さのインプラントの埋入と、インプラント周囲の骨の厚みが1mm~1.5mm以上あることが重要なエビデンスです。無理やり薄いところにインプラントを埋入すると後でインプラントの早期脱落、露出が起こります。インプラントのトラブルの多くはこの事が原因なので、この手術はとても大切です。

GBRは以下の2つの手術方法に分けられ、CT診断の結果、インプラントを入れるべき場所の骨の厚みに応じてどちらかが決まります。

ツーステージ法 Two Stage
インプラントを入れる骨の厚みがとても薄い(3mm以下の)場合に行います。
まずGBRのみの手術を行い、骨が太くなるまで約6ヶ月間待ってからインプラント埋入手術を行う方法です。
2段階で手術を行うのでこの名がついています。インプラントを埋入してからさらに通常は下顎で3ヶ月、上顎では4ヶ月の治癒を待ちます。

ワンステージ法 One Stage
インプラントを入れる骨の厚みが中くらい(3mm~5mm)で、GBRなしではインプラント周囲に1mmの骨の確保が難しいという場合に行います。
インプラント埋入とGBR法を1回の手術で同時に行う方法です。
ツーステージ法と異なり1回で終わるため、下顎では6ヶ月、上顎で7ヶ月ぐらいの治癒期間で歯を入れることが可能になります。

サイナスリフト Sinus Lift
上顎には上顎洞(副鼻腔)とよばれる空洞が骨の中にあり、上の顎のインプラント治療では、ほとんどの人がそのままインプラントを打つと上顎洞に抜けてしまします。
そこでインプラントの長さの不足分だけその空洞を骨で埋める手術がサイナスリフト手術です。上顎洞底の骨が3mm以内と極めて薄いケースに用いられ、確実に骨の造成が可能です。
手術後6~8ヶ月で骨ができ、通常のインプラント埋入手術を行います。

ソケットリフト Soket Lift
ソケットリフトは上記の上顎洞の低い方で同じように骨で埋める手術です。
サイナスリフトは顎の側壁を開窓して骨で埋めますが、ソケットリフトはインプラントを埋入するための顎の頂上から穴を開けてそこから骨を送り込んでインプラントに必要な高さまで骨で埋める方法です。
外科的侵襲が少ないという利点があり、インプラント埋入と同時に不足した骨の厚みを作ります。
ソケットリフト法は上顎洞底の骨の厚さがある程度(一般的には4mm~9mm)の厚みのある場合に用いられる方法です。

リッジエキスパンション法 Ridge expansion
薄い顎の骨の場合で、そのままではインプラント埋入ができないという時に、ノミのような器具(リッジエキスパンション)を用いて骨を上から二つに割り、その間からドリル等で穴を開けてインプラントを入れる方法です。
骨が極めて硬い場合には、応用が難しいです。

インプラントデンチャー(インプラント義歯) Implant Denture

インプラントデンチャー(インプラント義歯)とは

付着歯肉はインプラントの健康保持に極めて大切です

インプラントに維持を求めた可撤性(取り外しタイプ)の義歯のことです。今まで噛めなかった総義歯が、格段に何でも噛めるようになります。通常は下顎に2本~4本のインプラントを使用して作ります。

上顎の入れ歯のあごを覆う部分が少なく済み、発音や違和感が少ない義歯の製作が可能です。

利点

利点

次のような方にはインプラント義歯が最適です

インプラントデンチャーはインプラントを顎の骨に何本か埋入して、インプラントを支えにして入れ歯を固定して支えることにより、とてもしっかり、快適に噛める入れ歯になります。
通常は下顎なら2本~4本のインプラントを前歯に入れ、そのインプラントの上に入れ歯を固定する装置を付けて使用します。(上顎でも4本のインプラントがあれば可能)
総義歯でよく外れる、浮いてしまって良く噛めない、痛い、等の不満がある場合は、インプラント義歯にすると飛躍的な改善が期待できます。

インプラントデンチャー(インプラント義歯)とは

付着歯肉はインプラントの健康保持に極めて大切です

インプラントに維持を求めた可撤性(取り外しタイプ)の義歯のことです。今まで噛めなかった総義歯が、格段に何でも噛めるようになります。通常は下顎に2本~4本のインプラントを使用して作ります。

上顎の入れ歯のあごを覆う部分が少なくて、発音や違和感が少ない義歯の製作が可能です。

利点

利点

症例写真

主訴:入れ歯が噛めない
インプラント義歯(取り外し式)インプラント2本使用、磁性アタッチメント

[上下総義歯74歳女性]

主訴:入れ歯が噛めない
インプラント4本使用バーアタッチメント

[上顎は総義歯72歳男性]

主訴:まったく入れ歯が噛めない
下顎インプラント4本バーアタッチメント仕様

[上顎は自分の歯80歳女性]

治療メニュー

一般/小児歯科

インプラント

歯周病

義歯(入れ歯)

美容歯科

矯正専門外来

ティースエステ

予防歯科

歯科麻酔

オールオンフォー

医院のご案内

  1. アルカディア歯科分院
  2. 二俣川アルカディア歯科・矯正歯科
  3. 茅ヶ崎アルカディア歯科・矯正歯科
  4. 大倉山アルカディア歯科・矯正歯科
  5. 上大岡アルカディア歯科・矯正歯科
  6. アルカディアインプラントセンター
  • アルカディアブログ
  • FAQ
  • 研修・研究会
  • コラム
  • リンク

アルカディアインプラントセンター