予防歯科
  • 予防歯科とは
  • 歯科の2大疾患(歯周病)
  • 歯科の2大疾患(むし歯)
  • バイオフィルムとは?
  • 世界の予防歯科
  • 歯と認知症の関係
  • 全身の健康と歯の病気
  • 歯周病はさまざまな病気の原因に
  • プロフェッショナルケアー
  • 歯周病治療と予防治療
  • 当院の予防歯科
  • 除菌治療法3DS

日本と予防先進国スウェーデンの予防歯科事情

歯や歯ぐき、お口の健康の効果は一般的に

① 咀嚼が十分に行える
② 発音機能が良い
③ 見ため(審美観)が良いですが、今やそれだけではありません。
④ 全身の健康や寝たきり、認知症にも大きな関係があります。

近年、ためしてガッテンや民放TVやインターネット、新聞でも取り上げられている様に、むし歯や特に歯周病がに関係する細菌が全身に回り、全身の健康に大きな影響を及ぼす事が、各国の様々な研究で分かってきました。

先程もお話しましたが、欧米、特に北欧三国(スエーデン、フィンランド、デンマーク)では予防歯科が広く国民に波及しています。特にスウェーデンは虫歯や歯周病が今の日本の様に溢れていた時代、1970年代初頭から、国策で予防歯科の普及に本格的に取り組んできました。今や世界で、予防歯科が最も進み、歯科疾患が最も少ない国(歯科予防最先進国)と言われています。

スウェーデンの国民は、全身的な健康維持の為、健康的な日々の生活や老後を送るために歯科医院に通うのです。その感覚は美容室に髪をセットしてもらいに通う感覚[意識]と同じなのです。
長期の歯科的予防処置の効果で、老後の歯科的、全身的な健康に大きな差が出るのです。

スウェーデンでは、予防歯科が進み、今やむし歯が日本の3分の一、歯周病は日本の四分の一以下しかありません。

その結果、スウェーデンでは自分の歯が80歳で平均22本もあり、日本ではたったの約8本しか、残らないのです。
これでは、インプラントや入れ歯に頼らないと噛めないですね。
スウェーデンでこれだけたくさんの歯が残せているのは、国民の多くが定期的に歯科医院に通い、歯科衛生士がPMTCと呼ばれるお口の中の磨き残しの歯垢除去を行っているからなのです。

PMTC:メカニカルティースクリーニング

これは勿論、国民の健康意識の改革が高くなり歯科医院で定期的に行うプロフェッショナルケアーの普及が大きく影響した結果なのです。
プロフェッショナルケアーは主に歯科衛生士が専門的に行うPMTCと呼ばれるお口の専門的お掃除の事です。

P:Professional プロフェッショナル(専門的な)
M:Mechanical メカニカル(機械的に)
T:Teeth ティース (歯)
C:Cleaning クリーニング(掃除)

プロが行う古い歯垢の専門的なお掃除の事です。

どんなに丁寧に、電動歯ブラシ、歯間ブラシ、デンタルフロスを用いても、歯垢の80%程度しか取れないのです。どうしても、歯の細かい表面の凸凹や歯と歯の間隙や特に歯ぐきの下(歯周ポケット内)には歯垢が残ってしまうのです。
そこで専門的な機械と、高度なスキルを用いた方法で歯科衛生士がプロフェッショナルクリーニングを行い、残った古い歯垢を除去します。

スウェーデンでは老後も多くの歯が残せており、快適な食生活を送ることができています。
楽しく旅行も行けますね。

同時に全身の健康増進に大きく関係するので、医科の医療費も大幅に減らせることが判明しています。
人一人の生涯医療費の平均は2300万円であり、その65%以上が70歳以上で使われます。その点お口の健康な方は、歯が無くて十分に噛めない方よりも生涯医療費(医科、歯科)を平均約430万円も節約できる事が判りました。(トヨタ自動車㈱健康保険組合63000名の2007年調査)定期的予防治療に費用がかかっても、結果的には費用は安くなり、歯が80歳でも残り、何でも噛めて快適な老後が送れるなら、そのメリットは計り知れないのです。

治療メニュー

一般/小児歯科

インプラント

歯周病

義歯(入れ歯)

美容歯科

矯正専門外来

ティースエステ

予防歯科

歯科麻酔

オールオンフォー

医院のご案内

  1. アルカディア歯科分院
  2. 二俣川アルカディア歯科・矯正歯科
  3. 茅ヶ崎アルカディア歯科・矯正歯科
  4. 大倉山アルカディア歯科・矯正歯科
  5. 上大岡アルカディア歯科・矯正歯科
  6. アルカディアインプラントセンター
  • アルカディアブログ
  • FAQ
  • 研修・研究会
  • コラム
  • リンク

アルカディアインプラントセンター