予防歯科
  • 予防歯科とは
  • 歯科の2大疾患(歯周病)
  • 歯科の2大疾患(むし歯)
  • バイオフィルムとは?
  • 世界の予防歯科
  • 歯と認知症の関係
  • 全身の健康と歯の病気
  • 歯周病はさまざまな病気の原因に
  • プロフェッショナルケアー
  • 歯周病治療と予防治療
  • 当院の予防歯科
  • 除菌治療法3DS

歯と認知症~歯と脳の関係~

歯は物を食べる時だけに必要なものではありません。物を噛むという事で、脳への血流が増えて、更に脳も直接刺激されるという事がわかっています。歯と歯を噛み合せた時の刺激は、歯の根の周囲にある歯根膜からの三叉神経を通じ脳に伝わります。この刺激は、脳の感覚や運動、また記憶や思考、意欲司っている部分を活性化しているのです。

残存歯(残った歯)が少ないと脳の働きに影響が出る

東北大学が行った、高齢者の歯の残存数と認知症との関係についての研究では、健康な人では平均14.9本の歯が残っていたのに対し、認知症の疑いのある人では、9.4本と少ない事がわかりました。残っている歯が少ないほど、記憶や学習能力に関わる海馬や、意志や思考の機能に関係する前頭葉の容積などが少なくなっていたのです。この結果から、歯が無くなると、脳への血流が鈍くなったり、脳が刺激されなくなり、脳の働きに影響を与えている事が判明しました。

歯が無い人や入れ歯でも噛めない人は認知症リスクが高い

神奈川歯科大学の研究結果では、残っている歯の数が20本以上ある人に対して、歯が無い、また入れ歯も入れていない人の認知症リスクは1.92倍。
噛む事を意識して食べると脳は活性化しやすい
歯があれば噛めますが、歯が抜けると噛めないだけでなく歯根膜もなくなり、脳へ刺激は伝わらなくなります。また歯があってもあまり咀嚼を意識しないで食べていると、脳への刺激も少なくなります。このことから、脳の活性化には意識して噛む事が必要と言えます。

噛まないとアミロイドβ蛋白は沈着しやすく、脳細胞の減少が起きる

アミロイドβ蛋白とはアルツハイマー型認知症の原因と考えられている物質です。
広島大学では世界で初めて、よく物を噛む事が出来る正常なマウスと、元々歯がなく柔らかい物しか食べられないマウスを比べた研究が行われました。その結果、歯のないマウスの方には、大脳皮質にアミロイドβ蛋白が沈着し、老人斑が多数発生、さらに、記憶や学習能力に関わる海馬も細胞数が少ない事が判明しました。
物をよく噛んで食べる事ができなければ、咀嚼によって中枢神経が刺激される事も少なくなり、アルツハイマー型認知症を引き起こしてしまうという事になるのです。

歯と認知症予防

歯を治療する事で記憶力が回復する例もある

奥歯を削り噛みにくくしたマウスの歯を、セメントなどで修復すると、記憶力が正常なマウスと同じ程度にまで回復したという研究結果があります。噛み合せが悪いまま放っておくのではなく、噛む事が出来るように治療すれば良いという事です。

噛める入れ歯やインプランでも脳は刺激出来る

アルツハイマー型認知症の方の口の中を調べると、歯が無くなり、長い間良く噛んで食べる事が出来ていなかったと思われる人が多く見られます。歯が無いと歯根膜が無くなるため、刺激は脳には伝わりません。しかし、歯に替わる入れ歯や、インプラントなどの治療をすれば大丈夫だとされています。ただ、入れ歯があるというだけではいけません。北海道の病院で行われた調査では、入れ歯が合っていない人の認知症割合がとても高いとの報告があります。その人に合った入れ歯で、噛める入れ歯で、きちんと噛む事が重要なのです。

噛めないことは認知症や寝たきりに大きく関係するので、むし歯や歯周病で歯を失った後、入れ歯を入れなかったり、入れ歯が合わず痛くて噛めずにいると、認知症や寝たきりのリスクを高めてしまうのです。
歯のない方は噛める入れ歯かインプラントによる咬み合わせの治療(噛めるように)が必要です。

寝たきり・転倒のリスクの増大

歯が無い、歯周病で歯がグラグラして噛めない、入れ歯が合わなくて痛いし噛めないは、栄養不良となります。特にお肉や野菜、ナッツ類が取れないのでタンパク質やミネラル、食物繊維が大変不足してしまいます。
栄養的に満たされているとは、タンパク質、脂質、糖質、ミネラル等のバランスが良く適量に取れている事です。
歯のない方でも太っている方は多くいますが、どうしても糖質偏重食(パン、ごはん、甘い物、お菓子類、うどん、そば等)になりがちです。肥満は脂肪細胞が増えているだけで、栄養が豊富とは意味が異なります。
そうすると、特に65歳以上なると、体の筋肉量が減り、体力が無くなり寝たきりなり易い。
また歯が奥歯、前歯もきちっとある方とない方では、無い方の方が2倍近い転倒リスクがあります。

歯や歯ぐきが健康的にある事は栄養的にも、体のバランス的にも、脳の血流的(脳の活性化)にもとても大切なのです。

自分の歯が沢山残り、良く噛める事のメリット

① 脳の活性化による認知症の防止
② 肥満の防止(バランスが良い食事が出来る)
③ 寝たきり防止
④ 唾液の分泌を促し、唾液ホルモン、パロチン(老化防止)その他の沢山の消化酵素(リパーゼ、アミラーゼ、プロチアリン、ぺルオキシターゼなど)が出るので老化が防げる。
⑤ 精神的な満足感によるQOL(生活の質)の向上
  外食、旅行、何でもおいしく食べられる歯がある事は、精神的肉体的健康にとても重要です。

治療メニュー

一般/小児歯科

インプラント

歯周病

義歯(入れ歯)

美容歯科

矯正専門外来

ティースエステ

予防歯科

歯科麻酔

オールオンフォー

医院のご案内

  1. アルカディア歯科分院
  2. 二俣川アルカディア歯科・矯正歯科
  3. 茅ヶ崎アルカディア歯科・矯正歯科
  4. 大倉山アルカディア歯科・矯正歯科
  5. 上大岡アルカディア歯科・矯正歯科
  6. アルカディアインプラントセンター
  • アルカディアブログ
  • FAQ
  • 研修・研究会
  • コラム
  • リンク

アルカディアインプラントセンター