医院ブログ

インフルエンザ猛威・咳エチケットの啓発

年明け早々インフルエンザでダウンしてしまいました。

医療従事者として常日頃、予防対策や自己管理には注意していたのですが。

予防接種していたためか高熱は出ずに37℃台までしか上がらなかったのですが、辛さは結構なもので、ずっと寝込みました。

1月26日厚生労働省が発表した全国約5000か所の定点医療機関が報告した、1週間(15〜21日)の患者数は、1医療機関あたりなんと51.93人。

警報レベルの30人を大きく上回り、現在の調査法で1999年以降最多とのこと。2018年1月26日朝日新聞。

毎年この時期は恒例のようになっており、自然現象のようなもので完全に防ぐことは不可能かもしれませんが、一人一人が注意して行動することが感染症の拡大に大いに役立ちます。

そこで厚生労働省が推進している『咳エチケット』に関心を持ってもらい実践していくことに期待し、啓発します。

厚生労働省HP
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000187997.html