医院ブログ

歯周病と全身疾患

歯周病の予防と治療の最大の目的は、歯が失われることを防ぎ、お口の機能を維持することです。
近年、歯周病が全身疾患や全身の状態に影響を及ぼすことが明らかになり、全身の健康を守るためにもお口の健康が重要であると認識されるようになってきました。
歯周病原性細菌によって歯周組織に炎症が起き、深い歯周ポケットが形成されるような状態になると、歯周ポケットと呼ばれる溝から生体内に侵入した細菌そのものや細菌由来の病原因子に加え、炎症の場で作られる物質(サイトカイン)が歯肉の血管を通じて血液に流れ込む。
これが全身の組織や臓器に何らかの影響を与えると考えられています。
冠状動脈性疾患、糖尿病、誤嚥性肺炎、早産・低体重児出産などの疾患は、歯周病と関係が深いといわれています。
これらの疾患のリスクを減らすためにまずは、歯科医院で検診を受けるようにしてみてください。

アルカディア歯科では無料の予防説明会を行っています。
詳しくは、お問い合わせください。