藤沢・湘南エリアから通院しやすい歯科医院 | 鵠沼アルカディア歯科・矯正歯科

0120-418-462
9:30-13:30 / 15:00-20:00
[火曜・金曜休診]
義歯

義歯

【担当】
自費入れ歯、総義歯担当医 院長 角田達治
入れ歯担当技工士 南波

入れ歯、特に総義歯は歯科医療の分野では最も難しく、とても高い技術、豊富な自費義歯の臨床知識、臨床経験が絶対必要です。
私もインプラントも専門的に治療していますが、実際総義歯はインプラントよりとても難しいと感じています。
※自費総義歯、審美義歯(自費)は特別診療室の院長角田達治が担当しますが、保険義歯ご希望の方は一般診療室となり担当医は別となりますのであらかじめご了承下さいませ。

健康保険義歯と自費義歯の違い

健康保険義歯と自費義歯の違い

健康保険義歯がレジン床(プラスチック)で、入れ歯が金属床(薄い金属で出来ている)から自費が優れているというわけではありません。
上下の総義歯がしっかり吸着し、食べられる、外れない、自然観、審美観、耐久性、薄くて異物感も少ない等は使用している素材により差が出ますが、もっと大きく影響するのは、歯科医師の臨床技術の違いや手間(時間)のかけ方です。
健康保険と自費との差(価値)はそこにあります。
当院にも沢山の入れ歯相談の方がみえますが、「保険で作った義歯が良くないから同じ先生で自費義歯を入れたら、余計に噛めなくなった」と相談に来る患者様が絶えないのはそれが理由です。自費の入れ歯を作るなら自費入れ歯の経験が豊富でなければ出来ないのです。当医院では院長角田が大学卒業以来40年、自費診療入れ歯のみを作り続けてきた実績があります。何件もの医院を回っても噛めない、痛い思いをされてきた患者様の義歯を作ってきました。また、院内には技工所が併設されており、常勤のセラミック義歯担当技工士と精密入れ歯、総義歯を制作する為の歯科技工設備機器を整えています。安心してご相談ください。

治療用総義歯の必要性

治療用総義歯の必要性

「治療用総義歯」とは本義歯(最終義歯)を作る為の下準備の為の入れ歯です。
他院から保険総義歯を入れて具合が悪くなり来院する患者様のほとんどが、本来の正しい咬み合わせとは別な位置の間違った咬み合わせになっています。
咬み合わせが違う入れ歯はいくら調整しても、噛めない、痛い、違和感がひどいなどの症状は絶対に治りません。調整すればするほど悪化します。
入れ歯の咬み合わせが正しくない入れ歯を長年入れていると不正な習慣性咬合位や不正な噛み方となり、以前のご自分の歯があった頃の正しい筋肉や神経系に適合した正確な咬み合わせが出来なくなってしまっています。
正しい咬み合わせの高さや位置、入れ歯が安定する正しい歯並びでなければ噛める義歯にはなりません。咬み合わせが習慣的や神経的にアンバランスになっている方に入れ歯をいくら調整しても咬み合わせが合わないので噛めませんし痛いのは治りません。また入れ歯が落ちる、浮くも治りません。
そこで治療用義歯を入れてお口の筋肉や神経系のリハビリテーションを行い、ゆがんだ神経系や筋肉の機能を正常に戻します。
正しい噛み合わせ位置や、咀嚼運動が正常でない状態の修正をしないでいくら入れ歯を新しくしても噛める義歯には決してなりません。
総義歯製作にはリハビリテーション用の治療用義歯がかなりの割合で是非とも必要なものなのです。(治療用義歯は保険診療ではありません)

今入れている入れ歯に以下の様なお悩みがある場合は「治療用義歯」を考えていただく必要があります。

  1. ① いつまで調整しても痛みがとれない。
  2. ② 調整すればするほど痛みが増す。
  3. ③ 噛むと入れ歯の歯がすべる感じする
  4. ④ 噛むと入れ歯が動く
  5. ⑤ 粘膜に直ぐに傷がつく
  6. ⑥ 顎の骨が急激に吸収するので、入れ歯が直ぐに緩くなる。
  7. ⑦ 落ちる、下の入れ歯が浮く、不安定な入れ歯となる。

噛めない入れ歯を入れていると、そのストレスや食生活の乱れで認知症や寝たきりになる可能性が、そうでない方の2倍も多い事が知られています。また糖尿病の大きな原因にもなります。
総義歯入れ歯を製作するのはとても難しく、その習得には長年の研鑽と技術の高さ、院内技工士とその設備が必要です。
院内技工所があり入れ歯担当技工士とタイアップできる鵠沼アルカディア歯科だからこそ可能なのです。

^


ホーム

アクセス

電話をかける