藤沢・湘南エリアから通院しやすい歯科医院 | 鵠沼アルカディア歯科・矯正歯科

0120-418-462
9:30-13:30 / 15:00-20:00
[火曜・金曜休診]
インプラント料金

自費治療は、保険との素材の違いだけでなく、型取りの材料や模型の材料の精度、技工士のレベル、適合精度なども大きく異なります。※保険適用内の治療の場合は、全国一律に定められた保険点数で計算されますので、料金は他院と同様です。

インプラントに関する料金

インプラント料金

※スタンダードオペの場合、埋入手術のみ(全て消費税別途)
※A・Bタイプは全て、ストローマンインプラントを使用
※料金には通常の麻酔料金を含みます

上下前歯用BLあり

前歯の審美性を究極に追及したオールセラミック冠
(インプラント上部構造料金はジルコニアアバットメント8万円とオールセラミック)
クラウン全て込み料金(通所麻酔)1本42万円+仮歯代金1万円=合計43万円

前歯・小臼歯・大臼歯部

全て込み(通所麻酔も含む)ただし前歯のみ仮歯1歯につき1万円加算いたします。

Aタイプ:BLあり

クラウンがセラミック冠(MB、EE)  インプラント1本36万円

Bタイプ:BLあり(前歯にはできれば使用しない方が良い)

クラウンがハイブリッドセラミッククラウンHB(12%Pd)  インプラント1本33万円
◆ブリッジでのダミー部 MB(EE)で10万円、HBで7万円

Cタイプ

クラウンが金属(銀色のパラジウム合金)  インプラント1本 30万5千円
※Cタイプはかみ合わせの歯が入れ歯の場合に限ります

〜お得な割引制度〜
インプラントの1階のオペ本数に応じて、お値段を割引く制度です。
ただし、臼歯部のみで、前歯インプラントの場合には割引制度はありません。
A・Bタイプでは、契約本数が2本目は1万円、3本目は1万5千円、4本目以降1本2万円値引きします。

インプラント保証期間

■インプラント体 10年完全保証(場合により全額返金保証制度もあります)
■クラウン・アバットメント 5年保証

※ただし、かみ合わせの歯が保険のクラウンの場合、歯ぎしりがあるのにマウスピースを毎晩装着していない場合、定期的メインテナンスに通っていない場合、他に欠損があるのに入れ歯で治療している、もしくは治療しないで放置している場合には基本的に保証はし兼ねます。

一般社団法人 日本歯科麻酔学会 歯科麻酔専門医による静脈内鎮静法併用料金

※通常麻酔料金とは別途です
※静脈内鎮静法にはタクシー券をサービスいたします。ご希望の方はお申し出ください。

一般社団法人 日本歯科麻酔学会 歯科麻酔専門医によって行われる気分を落ち着ける麻酔です。高齢の方、全身疾患のある方、不安感や恐怖感の強い方はこちらの麻酔を受けていただくことで、半分眠ったようなリラックスした状態でインプラント手術を受けていただくことができます。

料金

1手術につき、インプラント埋入本数

1〜2本の場合 64,000円
3〜4本の場合 70,000円

手術時間が長くかかる場合(ロング料金)

・骨造成手術を受けていただく場合
・インプラントを同時に5本以上受けていただく場合
80,000円

インプラント診査診断料金

CT撮影料金

1回2万円(同一初診内なら、2回目以降は1万円)

ステント製作料金(2歯以上の場合に必要)

診断制度を高めるため、長期的に安定するインプラントのためには、ステントを用いてのCT撮影は欠かせません。このステントはインプラントを埋入する際にも消毒し、インプラントガイドとして使用します。
片顎 14,000円

骨造成法料金

GBR

同時併用法:インプラントと同時に行う方法

[範囲の歯数が1本分] 技術料金10万円+材料費3万円=13万円
[範囲の歯数が2本分] 技術料金15万円+材料費3万円=18万円
[範囲の歯数が3本以上] 技術料金20万円+材料費5万円=25万円

単独GBR:GBRを単独で先に行う方法

[簡単な場合 1〜2歯] 30万円
[3歯以上、または前歯2本以上] 40万円
※ただし、材料費(膜、人工骨代金)は、1歯3万円、2歯4万円、3歯5万円が別途かかります。

ソケットリフト

※人工骨材料料金を含む

1歯 4万円
2歯 5万円
3歯 6万円

自家骨での手術では、上記料金とは別に4万円必要です。自家骨の方が安全的確にできます。人工骨では慢性上顎洞炎の場合にはできませんし、ソケットリフト併用法では上顎洞炎のリスクが伴います。

サイナスリフト

片側 基本技術料金 50万円
材料費 5万円(1オペにつき)

サイナスリフトでは静脈内鎮静法(8万円)が必須となるため、その費用も必要となります。そのため、
片側 合計金額 63万円
となります。

※非常に広範囲なケースや、上顎洞炎を併発しているケースでは、大学病院へ紹介する場合もあります。

^


ホーム

アクセス

電話をかける