藤沢・湘南エリアから通院しやすい歯科医院 | 鵠沼アルカディア歯科・矯正歯科

0120-418-462
9:30-13:30 / 15:00-20:00
[火曜・金曜休診]
インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラント治療と従来の治療(ブリッジ、入れ歯)との違い

インプラントは、「他の歯の力を借りずに単独で入れられる」という大きな魅力があります。
一方、従来の治療法であるブリッジや入れ歯の場合、周囲の歯の力を借りなければ入れられないため、それによる様々なデメリットが生じてきます。

(1)他の歯を失うリスクが高まる

入れ歯
ブリッジ

ブリッジや入れ歯(部分入れ歯の場合)は、周囲の歯の力を借りなければ入れることができません。そのため、少なからず周囲の歯に負担がかかってしまい、それが結果的に他の歯の寿命を縮めることになってしまいます。

周囲の歯を削らなければならない

ブリッジは、歯がない部分を補うために、両隣の歯に被せ物をし、その被せ物同士を橋渡しするようにつなぐ、という方法です。
被せ物をするためには歯を大きく削らなければなりませんので、一旦削ったところから将来虫歯ができるリスクが高まりますし、歯の状態によっては大事な歯の神経を取らなければならない場合もあります。

人工歯を支える歯に過剰な負担がかかる

ブリッジや入れ歯では、失った歯の部分にかかるべき力を周囲の歯が負担することになります。入れ歯の場合は特に、物を噛むたびに金具がかかっている歯に揺さぶりの力がかかって、歯周病を急速に進行させる原因となります。

(2)噛む力が劣る

噛む力が劣る

インプラントは顎の骨に埋まっていますので、天然の歯に近い咬合力を発揮できます。その一方で、歯茎にただ乗っかっているだけの入れ歯の場合には特に、噛む力が弱くなってしまうことが避けられません。

(3)審美性の問題

審美性の問題

部分入れ歯の場合、クラスプと呼ばれる金具が歯にかかるため、場所によっては審美性(見た目)が問題になってしまうケースが少なくありません。ブリッジの場合にも、保険で治療を行う場合には、見える部分が銀歯になってしまい、見た目を損ねてしまうことがあります。

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療のメリットとデメリット(注意すべき点)は以下の通りです。

メリット

1.周囲の骨に負担をかけない

インプラントは顎の骨に単独で埋め、機能させることができますので、周囲の歯に異常な力をかけてその歯の周囲の骨を減らしてしまうことがありません。

2.周囲の歯を削る必要がない

単独で入れることができますので、周囲の歯を削るというような犠牲もありません。

3.天然歯のように食事を楽しめる

天然歯のように、顎の骨に人工歯根を埋め込み、噛んだ力が骨に伝わりますので、天然歯のように噛むことができ、何でも美味しく食べることができます。

4.審美性に優れる

インプラントで目に見える部分は、天然歯に似せたセラミックの被せ物ですので、見た目が自然で審美性に優れます。

5.固定式で違和感がない

取り外し式の入れ歯と違って固定式ですので、取り外しの面倒さがなく、違和感もありません。

6.噛み合わせを均等に保つことができる

どこか特定の歯に力が偏ることがなく、歯並び全体の噛み合わせを均等化できるため、歯全体の寿命を延ばすことができます。

デメリット(注意点)

1.手術が必要

インプラントは人工歯根(インプラント体)を顎の骨に埋める必要がありますので、手術が避けられません。

2.骨の量と質によっては難しい場合がある

インプラントをしっかりと固定させるためには、埋める骨の量や質がしっかりとあることが条件になってきます。ただし、これは骨を増やす手術で解決できる場合もあります。

3.治療費が高め

保険が適用になりませんので、入れ歯やブリッジと比べ、治療費が高めになります。ただし、インプラントは、他の治療と比べ、お手入れ次第でかなり長持ちさせることが可能なため、長い目で見た場合、そうとも言い切れない部分もあります。

4.治療期間が長め

インプラントと骨がしっかりと結合する期間(数ヶ月)が必要ですので、その分トータルでの治療期間は長くなります。

5.インプラント周囲炎のリスクがある

人工物ですので虫歯にはなりませんが、インプラント周囲を不潔にしていると歯周病菌の感染によるインプラント周囲炎にかかり、インプラントが抜け落ちてしまうリスクがあります。

6.術者による技術の差が大きい

現在、インプラント治療を行なっている歯科医師は多いですが、歯科医師によってインプラント治療技術の差がとても大きく、本当に長期に持つインプラント治療ができる歯科医師が少ないのが現状です。これは単純に肩書きだけで判断できるものではありません。
総入れ歯治療も術者の技術の差が現れるところですが、総入れ歯は上手い下手が使い勝手などですぐに判断できる一方、インプラントの場合には技術が低くてもすぐには患者様に判断できないところが大きな問題だと言えるでしょう。

^


ホーム

アクセス

電話をかける