藤沢・湘南エリアから通院しやすい歯科医院 | 鵠沼アルカディア歯科・矯正歯科

0120-418-462
9:30-13:30 / 15:00-20:00
[火曜・金曜休診]
インプラント義歯について

インプラントの義歯について

総入れ歯がどうしても合わない・・という方へ

総入れ歯がどうしても合わない・・という方へ

入れ歯がなかなか合わない、うまくなじまない方というのはどうしてもいらっしゃいます。でもそのような場合でも、インプラントを顎の骨に埋めてアタッチメントと呼ばれる維持装置を付け、入れ歯を安定させることで、入れ歯を格段に快適に使っていただくことができるようになります。このような入れ歯をインプラント義歯といいます。
通常は2本〜4本のインプラントを前歯部分に入れ、バーアタッチメントというものを使用して、下顎の総義歯の噛む力を飛躍的に高めることができます。インプラントというのは通常は人工歯が固定式ですが、このように、人工歯が取り外し式(可徹式)のものもあります。

インプラント義歯の利点と注意点

可徹式(取り外し式)インプラント義歯の利点

1.取り外し式にも関わらず、噛む力が強く、食生活で困らない
2.取り外しができるから清掃しやすく、清潔
3.清掃しやすいから歯周病になりにくい
4.取り外しができるから壊れても修理がしやすい
5.治療費用を低く抑えられる

可徹式(取り外し式)インプラント義歯の注意点

1.取り外しが面倒と感じる方もいる
2.手術が必要である
3通常の入れ歯と比べれば、時間や費用が余計にかかる.

インプラント義歯のアタッチメントの種類

インプラント義歯のアタッチメントには次のような種類があり、症例によって合ったものを使い分けます。

・バーアタッチメント
・ボールアタッチメント
・磁性アタッチメント
・スタンドアタッチメント

^


ホーム

アクセス

電話をかける