藤沢・湘南エリアから通院しやすい歯科医院 | 鵠沼アルカディア歯科・矯正歯科

0120-418-462
9:30-13:30 / 15:00-19:30
[火曜・金曜休診]
インプラント保証制度

インプラント保証制度

インプラント治療の保証制度の詳細

アルカディア歯科
アルカディア歯科

インプラント治療の保証制度は、インプラントを構成するパーツで保証期間が異なります。

(1)インプラント上部構造のクラウン(歯冠)部分の保証期間は5年間です
(2)インプラント上部構造のアバットメントの保証期間は6年間です
(3)インプラント体(インプラントの骨に入っている部分の土台)は10年間です

明らかに当方のミスと判断される場合には、当方が全額負担(無料)で全て再治療を行います。

下記の場合には保証は致しかねます

(1)口腔内及び定期的メインテナンスを励行していない方。来ない方。

(2)入れたインプラントの歯は通常はセラミックで作ります。
審美的でまた金属と強い違い衝撃や力(歯ぎしり等)でも上のクラウンが破損してくれるので下のインプラント体が長期間保護されるのです。
もし固い金属でクランクを入れたらその下のインプラント体がダメになったらインプラント治療全てがやり直しとなりますのでインプラントのクラウンはセラミッククラウンがインプラントの保護と審美的にも基本的条件です。
しかし、セラミックは対合歯が保険の金属クラウンや自費でも固い金属で作られている場合にはブラキシズムがある人はインプラントのセラミッククラウンが破損する確率がとても高いのです。その場合にはインプラントの対合歯を同質のセラミックで作り直す事をお薦めしています。ブリッジでないなら保険でも一応白い歯が入ります。
保険の白いクラウンは強度がとても弱いので、理想的には自費セラミックかハイブリッドセラミックがお薦めです。対合歯が健康保険のクラウンが入っていて壊れないためにはインプラントは金合金クラウンなら問題ないのでそれでクラウンを作る事がお薦めですが審美的問題がありますね。

(3)強度の歯ぎしりがある方はインプラントの破損や脱落が起こりやすいです。ナイトガード(歯ぎしり防止装置)を入れても、昼間の歯ぎしりは防げませんので強度の歯ぎしりの方のインプラントの保証は致しかねます。20K金合金冠なら柔らかいので大丈夫ですが審美性に問題があります。

(4)奥歯の両方がない方で、片方のインプラント治療のみ行い、もう片方のインプラント治療を行わない方、経済的問題で片方あれば取りあえず噛めるのでもう片方は保険の入れ歯で済ませるか入れないで放置する方がいます。
左右両側奥歯をインプラント治療して始めて咬合の安定、長期安定が得られます。
インプラントの入った方ばかりで咀嚼するので負担過重でトラブルが起きやすくなるので両側きちっとインプラント治療でして頂けない場合も保証は致しかねます。

(5)喫煙者:喫煙はあらゆる病気の危険因子ですがインプラントも同じです。喫煙者には禁煙をお勧めしていますが出来ない場合には基本的に特にヘビースモーカー(1日10本以上)の方には特に保証は致しかねます。

(6)骨粗鬆症の中等度以上の方。骨粗鬆症の投薬を受けている方。

(7)糖尿病の方。

(8)転倒や交通事故での破損してしまった場合。

(9)インプラント治療は全ての歯の欠損をインプラントで行う事が、入れたインプラントが長期に持つためには重要です。ところが経済的理由で数本だけインプラントを入れて、他は入れ歯で済ませ、入れたインプラントに金属で引っかけを掛けて治療を済ます様な場合の掛けたインプラントは破折リスクが高いので保証出来ません。またその様な治療は最初から基本的に行うべきではないです。インプラントは横の力には弱いのでエビデンスでは原則入れ歯をかけることを禁じています。

(10)その他全身的骨代謝疾患や知的、身体的障害(認知症や寝たきり等)になりホームケアーが不可能になった場合。

(11)天然歯は誰でも生理的に前の方に少しずつ移動していきますが、その後ろにあるインプラントは一切移動が起こりません。故に4~6年ぐらいすると、自分の歯との間に隙間が出来る場合があります。そして物がはさまる様になります。これを放置すると歯周病の大きな原因となります。これは不可効力なので保証は出来ません。 この場合に通常は自分の歯か、インプラントのクラウンを作り直して隙間を埋める事をする必要が起こる場合もあります。

^


ホーム

アクセス

電話をかける